大きい素焼きの鉢の修理

 

今回は高さ約50センチ、直径約60センチの大きな素焼きの鉢が
凍結のせいでしょうか、四つに割れてしまい修正をしてみました。

コンクリート用のボンドを使って張り合わせます。

  

ボンドをたっぷり目に使って
安定性のあるパーツからつけていきます
垂れるくらい多めにつけて
ゴムのハンマーで軽く振動を与えてピッタリ合わせていきます。

  

内側はこんな感じです。
より強度の弱そうな場所にコンクリートを入れて補強しました。
割れたときに欠けてしまったつなぎ合わせの部分に
コンクリートボンドを 塗ってセラミスを細かく砕いた物をかけて修復しました。

よく乾いてから植栽をします。
今回はブルーベリーの大きい苗を植えました。
コンクリートはアルカリ性が強いため
乾いてからよく水で流してつかいます。
ブルーベリーは酸性土壌を好むので
コンクリート部分にスタイロフォームをひいて
直接根があたらないようにしました。
念のため 鹿沼土でカバーもしました。

あとは通常通りのうえかえです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です