ドライ加工時の色の変化について

ドライ加工をすると
基本的に色は濃いめに反映されます。
バラのコントラストという品種の変化です。

出荷時の色合い、手前の濃い色のバラがコントラスト

 

こちらが加工後の色合いです。
40℃で12時間
50℃で12時間
50℃で24時間と三回のステップで仕上げています。
自然乾燥でも綺麗に仕上がる種類です、
機械乾燥のほうが少々濃くし上がります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です